クレジットカードは何枚ぐらい持つべきか

subpage1

クレジットカードを持つ事にはメリットとデメリットがあるように、クレジットカードの所有枚数が多いのも少ないのもそれぞれメリットとデメリットがあります。まず、クレジットカードの所有枚数が多ければそれだけ様々なサービスを受ける事が出来ますし、国際ブランドが異なっていれば色々な場面でカード払いをしやすくなります。



ただ、多いとカードの管理が大変になり、どれをどの程度使っているのかをきちんと把握しておかないと、カード破産をしてしまう原因となります。



また、カードの中には年会費が発生するものもあり、年会費のかかるカードを持つ枚数が増えれば、カードを維持しているだけでかなりの出費となってしまいます。クレジットカードの所有枚数が少ないと、その逆の事がいえて、様々なサービスの中からほんの一部のサービスしか受けられない、自分の持っていない国際ブランドのカードの場合は支払いをカードで出来ない、といったデメリットが挙げられます。

その代わりに、カード枚数が少なければ管理がそれほど大変ではないというメリットがあります。

そうしたメリットやデメリットを考えるとカードの所有枚数は多すぎず、また少なすぎない方が良く、2枚か3枚程度持っていれば大抵の場面では安心です。


色々なサービスが用意されているために、そのサービス目当てにするとあれも欲しいこれも欲しいとキリがないので、その中でも自分にとって重要だと思うサービスを厳選してカードは所有するべきです。