審査に有利なクレジットカードをつくるポイント

subpage1

クレジットカードはインターネットでの買い物だけでなく、日頃の買い物などでも利用ができる便利なものですが、数あるクレジットカードの中でもやはり審査に通りやすいものもあれば、なかなか審査に通る事ができないものもあります。
もちろん、同じカードでも申し込むタイミングや申し込み方によっても審査の結果が違ってくる事もあります。

一般的に審査に通る事が難しいと言われているようなクレジットカードの場合にはやはり難しいというのが、素直な答えになりますが、あらかじめ難易度を下げて申し込むクレジットカードを選択する事で、審査に通る可能性はかなり高くなっていきます。



例えば日頃からスーパーで買い物をしている主婦の方であれば、いきつけのスーパーで独自のクレジットカードを発行している時などにはチャンスだといえます。

特に店頭で入会キャンペーンなどを行い会員を募っている時や、それまでの店舗独自のポイントカードなどからの書き換えキャンペーンなどの時にも審査にはとても通りやすくなっているといえます。

もちろん、審査の段階で明らかに不利になる条件がある場合には難しいという事になりますが、あくまでもスーパー側が利用をしてほしいと判断ができる属性になっていることは、とても有利な条件だといえますし、新規に発行している時期は特に有利だと考える事ができます。
申し込みの際にはキャッシング枠は基本的に0にしておくことがポイントになります。



あまり知られていませんが、キャッシング枠を利用してお金を借りる事は、総量規制の対象となる借り方になるので、消費者金融に借り入れがある場合には当然審査に不利になりますし、キャッシング枠をつけるというだけで、審査の難易度が上がると思われる事から、日頃の買い物での利用やポイントの獲得が目当てな場合にはキャッシング枠は極力0にする事が望ましいといえます。