クレジットカードの意外な利点とは

subpage1

クレジットカードの意外な利点としては、現金を持たずに済むというものがあります。
現金がなくても買い物ができることを利点とも欠点とも取ることはできますが、現金を持たなくていいというのは何かと便利なものです。



クレジットカードに対して不信を持っている人の中にはセキュリティ面の問題がありますが、実際には現金とカードであればカードのほうが安全性が高いといえます。
現金であれば落としてしまえばそれまでですし、盗られてしまえば返ってくる見込みはありません。
それに対してクレジットカードというのは落としてしまっても利用できないようにすることができますし、利用された分も補償されるので損をしてしまうということはありません。



現金を持ち歩かなければ必然的に現金しか使えない店は利用することがなくなりますから、結果的に無駄遣いをする機会が減ります。

カードはつい使いすぎてしまうという人もいますが、使い方によっては逆に浪費を抑えることも出来ないわけではありません。
また、現金をおろす必要がなくなるので銀行やATMに行かなくて済むため手間がかからず、更にお金を下ろすのに手数料を払っていた人はその分も得をすることができるのです。



クレジットカードの利点というのはポイントの還元であったり、割引などの特典ばかりを挙げられますが現金を持たないというのも利点のひとつであるため、余計なリスクを軽減したいというときにはクレジットカード中心の生活にしてみるのも良いでしょう。