クレジットカードは持つべきか持たないべきか

subpage1

クレジットカードはカード一枚で様々な料金の支払いができて便利ではあるのですが、カードを使った場合は支払いが終わるまでは借金をしているのと同じであり、お金の管理の仕方が甘いとトラブルが発生する可能性があります。だからこそクレジットカードは持っていた方が便利であるという人もいれば、危険だから持ちたくないという人もいます。



どちらの意見も正しいのですが、クレジットカードが危険であるというのはあくまでも使い方次第であり、持っているのは危険であるというのはお金の管理がきちんとできない人であったり、あるいはクレジットカードの怖い面をきちんと理解していない場合などであり、それらをきちんと理解していればむしろ持っていた方が便利です。それではどんな点に気をつけなくてはならないのかというと、例えば現金を使わないで後払いになるという点が挙げられます。



現金での支払いの場合はお金が無ければ支払いできないですが、カード払いの場合はお金が無くても支払いができてしまい、カードを使い過ぎた、支払い後に口座からお金を出して口座にお金が足りなかった、などといった事が起こる可能性があります。


支払いが滞ると場合によってはカードの利用停止はもちろん、履歴にも残ってローンなどが利用できなくなるという事もあります。
その他にはリボ払いについても注意が必要で、リボ払いをすると一回での支払額の負担が減るのは便利なのですが、その一方で手数料を高く取られてしまうのです。

頻繁に使っているといつの間にか借金地獄になってしまうという事もあります。

このようにいくつかカードを所持する事には注意が必要ではありますが、どういう面が怖いのかを知っていれば、そうならないように気を付ければ良いのです。